スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

【スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃】2002




監督: ジョージ・ルーカス
出演:
ヘイデン・クリステンセン
ナタリー・ポートマン
ユアン・マクレガー
クリストファー・リー
サミュエル・L・ジャクソン
ペルニラ・アウグスト
ジミー・スミッツ
テムエラ・モリソン
ジャック・トンプソン
オリバー・フォード・デイビーズ
ローズ・バーン


概要
エピソード1から10年後。
青年へと成長したアナキン・スカイウォーカー。
オビ=ワン・ケノービの指導の下、
ジェダイの騎士となるべく修行に励んでいたのだが、
自分を認めようとしない評議会に対し苛立ちを感じていた。
アミダラ元女王を狙う首謀者を捜索していたオビ=ワンは
ドゥークー伯爵ひきいる分離主義者の陰謀に気づくのだが―

review

エピソード1につづいてエピソード2をみました☆
エピソード2はなんといってもヨーダです。
今まであいまいだったヨーダの強さにしびれました。
アナキンで溜まったうっぷんをヨーダが見事に晴らしてくれました。
マスターヨーダ最高。ちょっとかわいいし(笑

エピソード2は「クローンの攻撃」より「アナキンの反抗期」にしたほうがいいんじゃないか?(笑
師匠で父がわりで兄のようなオビ=ワンにウジウジ嫌みばっかり。
思えば子供のころのアナキンはすでにいろんな欲望をもっていたんですよね。
母への愛はもちろんだし、宇宙を旅したいとか、ポッドレースで優勝したいとか。
普通の子供ならすごくいいことだけどジェダイの騎士になるには余計なんだよね。
青年になっても覚えてしまった欲望を制御できず、
自分の力を過信したりアミダラに恋してしまったりする。
そしてアミダラとの愛がアナキンを暗黒面に。。。
シスのばかやろー。

帝国軍のストームトルーパー(兵隊)がクローン人間だったとは驚きました。
しかもはじめはジェダイの味方だし。
中だるみもありますがホントよくできたシナリオだと思います。
アナキンの葛藤やクローン戦争の細部まですべて旧3部作に見事につながる伏線になるんですもんね。

エピソード2ではオビ=ワンもしっかり成長しており、
クワイ=ガンをおもわせるような魅力的なマスターになってました。
エピソード2では数少ない救いの一つです(笑
個人的にはオビ=ワンがストーリーを引っ張ってくれたから最後まで楽しめました☆


個人的な映画の評価
10点満点中/8.2点
goo映画
10点満点中/7.7点
ヤフー映画
5点満点中/3.87点
映画生活
10点満点中/7.1点


平均は
10点満点中/7.685点でしたー


☆応援してください☆
映画ランキング
DVDランキング



スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

プロフィール

ken

Author:ken
「ポイント オブ シネマ」
へようこそ。
訪問ありがとうございます。
コメント・トラックバックは
お気軽にどうぞ♪

相互リンクも大歓迎です。
こちらからどうぞ

総アクセス数
RANKING
応援してもらえると励みになります♪
みんなでつなごうリンクの輪
お気に入りブログ
最新コメント
最新トラックバック
楽天20代男性ランキング
RSSフィード
☆映画ランキング☆

映画ランキング

JRANKランキング

DVDランキング



menu
sponsor
楽天20代女性ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。