スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキー レヴュー

  【ロッキー】1976

 監督 ジョン・G・アビルドセン
 脚本 シルベスター・スタローン
 主演 シルベスター・スタローン(ロッキー・バルボア)



review

ロッキー・ザ・ファイナルに触発されてもう一度観てみました。
ということでレヴューしま~す。

スタローンの原点にして最高の映画ですね。

30歳にしてボクサーとしてぎりぎりの年齢を迎えていながら、
食べて行くのもやっと、マフィアの使いっぱしりで生計を立てる始末。
さらには、トレーナーにも見放され最低な状況から物語は始まります。

まさにどん底です。

唯一の救いが二匹のカメ…。
の餌を餌にして狙うペットショップで働くエイドリン。
しかし相手にされず…。

こちらもどん底ですね。

20070513002637.gif

しかし、そんなロッキーに転機が訪れる。
ねばりにねばった結果、エイドリアンをものにしたのです。
しかも、エイドリアンを落とした時のセリフが、

「キスしていいか」

です(笑

スタローンのナルシストっぷりが伺えます。
20070513002649.gif

そしてその良い流れは続き、
なんと、現ヘビー級チャンピオンで後にロッキーの親友となるアポロが、
自分の対戦相手にロッキーを指名してきたのです。
アポロがロッキーを選んだ理由は、
ロッキーのリングネーム「イタリアの種馬」が、
気に入ったから…。

これじゃあ、ふざけるなってことになりかねないけど、
実際は他にもいろんな要因が重なって選ばれたんです。
詳しい説明は映画を観てね。

ヘビー級タイトルマッチが決まり、
闘志に火が付いたロッキーは、
今や定番となった「ロッキーモード」に突入するのだった。
ロッキーを見捨てた現金なトレーナーも戻ってきて、
ロッキーをバックアップ(笑
貧乏で飼えなかった?犬もエイドリアンがプレゼント。
俄然やる気になったロッキーは
フィラデルフィア美術館を駆けあがり、
タイトルマッチのリングに上がるのだった…。

20070513002658.gif

そして、有名な「エイドリア~ン」のシーンでラストを迎えるわけです。

映画の観方としては、
ロッキー・ザ・ファイナルを観る前に観ておきましょう。
ただそれだけです。
もはや、ネタばれもくそないロッキーは観たら絶対面白いので、
普通に見ましょう。

最後に感想を一言
ロッキーワールドを確立しているこの映画。
スターウォーズにしろロードオブにしろ、
独自の世界を確立している映画って、
内容云々その世界にふれるだけで面白いです。

個人的な映画の評価
10点満点中/7点
allcinema
10点満点中/8点
ヤフー映画
5点満点中/4.51点
映画生活
10点満点中/7.8点


平均は 10点満点中/7.95点でしたー

☆応援してください☆
映画ランキング
DVDランキング


theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

ken

Author:ken
「ポイント オブ シネマ」
へようこそ。
訪問ありがとうございます。
コメント・トラックバックは
お気軽にどうぞ♪

相互リンクも大歓迎です。
こちらからどうぞ

総アクセス数
RANKING
応援してもらえると励みになります♪
みんなでつなごうリンクの輪
お気に入りブログ
最新コメント
最新トラックバック
楽天20代男性ランキング
RSSフィード
☆映画ランキング☆

映画ランキング

JRANKランキング

DVDランキング



menu
sponsor
楽天20代女性ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。