スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バタフライ・エフェクト」 レヴュー

 【バタフライ・エフェクト】2006
 監督 エリック・ブレス/J・マッキー・グラバー
 主演 アシュトン・カッチャー(役名:エヴァン)
 出演 エイミー・スマート(役名:ケイリー)


詳細ページ

概要
トラウマの記憶が無くなる少年エヴァンが、大人になり、
記憶を無くさないために書いていた日記をもとに
愛する女性を救うため過去の世界を変えにいく。

review

脚本に6年かけているだけあって、
話のすじの通しかたがほんとにうまい。穴がない。
ふつうは、過去を変えることで狂ってしまう話の筋が、
驚くほどに狂わない。
ほとんどの映画が話のすじよりストーリー性を重視するのに。

この映画はカオス理論ってのをテーマに持ってきているみたい。
「ある場所で蝶が羽ばたくと地球の反対側で竜巻が起こる」

実際に、起こり得るらしい。
俺もよくわからないけど、
「一見無秩序なものでも、その背後には必ず無数の秩序をもつ」みたいな。
つまり、天気とかって一見無秩序に思えるけど、
ちゃんと無数の秩序で構成されてるってこと。
だから、最近の天気予報はカオス理論を用いて、
無数の秩序をスーパーコンピューターで割り出すみたい。

一週間後が晴れだとか雨だとか。結構正確にね。

でも、外れるときもある。
それはなぜか?
それもカオス理論で説明ができるみたい。
スーパーコンピューターが物理的に正確に計算しても、
初期の設定をするのが人間だから外れる。
大げさに言うと、
入力した温度が0.1度違うと一週間後の天気は、
無数の秩序によって大きな変化になって、
一週間後の天気すら変えてしまう。
それが、0.01度でも、0.0001℃でも。
まあ、こんな感じじゃないかな。

だから、蝶の羽ばたきで竜巻が起こるらしい。
そこには、無数の秩序が存在しているから。

で、この映画のどこにかかってるかって言うと、
愛すべき人を救うためにほんのちょっと、一言、過去を変えるだけで、
未来は周りを巻き込んで全然違うものになってしまう。ってこと。

この映画はあまりメジャーじゃないけど、
よく出来た映画だからレビューしました。
まだまだ書きたいことがあるんだけどだいぶ長くなってきたんで、
そろそろ終わりにします。



個人的な映画の評価
10点満点中/8.5点
goo映画
10点満点中/7.4点
ヤフー映画
5点満点中/4.4点
映画生活
10点満点中/8.0点


平均は 10点満点中/8.17点でしたー

☆応援してください☆
映画ランキング
DVDランキング


theme : 映画★★★★★レビュー
genre : 映画

comment

Secret

プロフィール

ken

Author:ken
「ポイント オブ シネマ」
へようこそ。
訪問ありがとうございます。
コメント・トラックバックは
お気軽にどうぞ♪

相互リンクも大歓迎です。
こちらからどうぞ

総アクセス数
RANKING
応援してもらえると励みになります♪
みんなでつなごうリンクの輪
お気に入りブログ
最新コメント
最新トラックバック
楽天20代男性ランキング
RSSフィード
☆映画ランキング☆

映画ランキング

JRANKランキング

DVDランキング



menu
sponsor
楽天20代女性ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。